タオルマスクのつくり方【中級編|ミシンをつかって30分】

こんにちは、伊織 タオルとくらす研究室・研究員の伊藤です。

タオルマスクのつくり方|初級編」、おかげさまで大変好評いただいています。


そこで今日は、ミシンを使う中級編をご紹介! 

ヒモやゴムを使わず、バイアステープを使ってつくるタイプです。

【用意するもの】

・20×10cmのガーゼタオル 1枚(お子さん〜女性用サイズ)

・60cmのバイアステープ 2本

・ミシン

・アイロン

・裁縫道具


【つくり方】

長さを調整し終わった紐は、余分なところをカットしてください。

以上で完成です!

久しぶりにミシンを触るというスタッフで30分ほどでできました。


タオルは織物なので、切りっぱなしだと端からほつれてしまいます。

バイアステープで補強することで、お洗濯にも強いマスクになりますので、ぜひ試してみてくださいね。


【今回つかったタオル】

ここふきん 三ツ矢  税込990円

銀イオンの力で半永久的に抗菌防臭! 銀をポリエステルフィルムで加工した特殊糸「ミューファン®」を織り込んだ 3重ガーゼふきんです。

糸から放出される銀イオンが高い抗菌力を発揮し、ニオイの元となる細菌の繁殖を抑制してイヤなニオイを防ぎます。通気性が良く、乾きも早いので衛生的。漂白剤は、塩素系、酸素系どちらもご使用をお控えください。


布マスクの洗い方については、下記経済産業省の動画を参照くださいませ。

https://www.youtube.com/watch?v=AKNNZRRo74o&feature=youtu.be

タオルとくらす研究室

「タオルからはじまる、豊かなくらし。」をコンセプトに、全国23店舗を展開しているタオル専門店「伊織」は、日々のくらしに寄り添うタオルについて、より学び、考え、新たな可能性を発信することを目的とした「タオルとくらす研究室」を開設しました。 「タオルのはなしは 暮らしのはなし」をテーマに、世界の繊維や織物をヒントにしながら、暮らしにまつわる新たな提案を生み出す活動をしています。