おうちで仕上げる簡単ラッピングアイデア!

伊織の店舗・オンラインショップではギフト用の化粧箱もご用意していますが、ちょっとしたプレゼントなら、自分で包んでみるのも楽しいものです。

ほんのひと手間かけてラッピングすることで、自分らしさと気持ちをプラス。

オリジナリティあふれる特別な贈り物になりますよ。


そこで今回は、自分流・ハンカチラッピングをご紹介します。

ルールは「おうちにあるもの」を使うこと。

ラッピングの材料はすべてスタッフの家にあったものだけです。


多少の手作り感はご愛嬌で…。

3つのおうちアイテム使ってレッツチャレンジ!


おうちアイテム1:水切りネット

不織布タイプの水切りネットに包んで、毛糸や刺繍糸でリボンを掛けるだけで完成! 季節のドライフラワーを添えて。雪の結晶模様のハンカチと組み合わせると、霜降りで薄化粧したような雰囲気に。

ふわふわとした毛糸と銀色の刺繍糸で冬っぽくしました。中がうっすら透けてみえるのがポイント。メッセージカードは中に入れてもリボンに差し込んでも◎


おうちアイテム 2:クッキングシート

ハンカチの大きさに合わせて両面テープで封筒状に。開け口の仕上げはメッセージカードと一緒にホッチキスで挟んだり、クリップで留めても素敵。今回は自宅にあったボタンを縫い付けて、縫い付けに使った太めの黒い糸と、銀色の刺繍糸でタッセルをつくってみました。


おうちアイテム3:フリーザーバッグ

チャック付きのビニール袋に、手持ちの紙袋の取っ手を貼り付けて。アクセントにメッセージを書いたメモをクッキングシートと重ねて刺し子糸で縫い付け。少しガタガタとなった縫い目も“味”ということで…少し不器用だという方も、針と糸があればなんとかできます!


裏側はこんな感じ。家にストックしてあった紙袋の取っ手だけカットして、ちょうどいい長さにしてマスキングテープでペタン。ざっくり手作り感はあえて隠さない!


今回はキッチン周りにあるアイテムで紹介しましたが、文房具やハギレなど…いつもの使い方から視点を変えて探してみると、おうちの中にも素材はたくさんあります!

100円ショップで手に入るアイテムでも、工夫次第で十分おしゃれに仕上がりますよ。

贈り物に、自分らしさをプラスできるオリジナルラッピング。ぜひお試しください。

タオルとくらす研究室

「タオルからはじまる 豊かなくらし。」をコンセプトに、全国16店舗を展開しているタオル専門店「伊織」が運営。タオル屋目線だけでなく、いち生活者目線でみえてくる小さなギモンもすくい上げて見直し、たのしく・とことん向き合っていくための研究室です。