お洗濯のコツ2 脱水後は放置しない

遠心力で洗濯物から水分を飛ばす脱水は、とても便利な機能です。

ただ、かなり強い力で洗濯物が洗濯槽に押さえつけられるので、脱水後にフタを開けてみると、洗濯槽の端に洗濯物が固まってビッタリと張り付いているような状態です。

つぶれたまま固くなってしまいます

この強い圧力により、やわらかいタオルのパイルはつぶれてしまいます。

洗濯したタオルがゴワゴワになるのは、パイルがつぶれて寝てしまうことが主な原因です。そのままの状態で放置されてしまうと、ギュッと圧縮されたまま表面が乾き、もとの質感に戻りにくくなります。

乾燥機付き洗濯機であればそのまま乾燥行程に入るので問題ありませんが、普通に干す場合は、脱水が終わったらすぐに取り出し、パタパタとよく振ってほぐすことが大切です。


濡れたままだと雑菌が繁殖します

また、脱水したまま長時間放置してしまうと、雑菌の繁殖で臭いがつくことも。洗濯終了の合図を聞き逃さず、すみやかに取り出すようにしましょう。

タオルとくらす研究室

「タオルからはじまる 豊かなくらし。」をコンセプトに、全国16店舗を展開しているタオル専門店「伊織」が運営。タオル屋目線だけでなく、いち生活者目線でみえてくる小さなギモンもすくい上げて見直し、たのしく・とことん向き合っていくための研究室です。