【拝啓、コットン畑より-2017-】苗植え

こんにちは。

タオルとくらす研究室の伊藤です。

2016年まで伊織のホームページで連載していたコットン畑のコラムを、「タオルとくらす研究室」に引っ越すことになりました。

ひとつの種からコットンが収穫できるまでを、体験しながらお伝えします。

過去の記事はこちらから

-------

2016 苗植え

https://www.i-ori.jp/wordpress/imabaritowel/asakura1-7595.html

2016 コットンのお花

https://www.i-ori.jp/wordpress/imabaritowel/asakura-02-10935.html

2016 綿花の収穫

https://www.i-ori.jp/wordpress/imabaritowel/asakura2-10842.html

-------

2017年6月某日。今治市にあるタオルメーカーさんの工場裏手に、農作業服をまとった伊織スタッフの姿がありました。

そう、今日は待ちに待った苗植えの日!

伊織も参加させていただいて4年目を迎える、「ASAKURA コットン畑プロジェクト」の活動が今年もスタートしました。


「ASAKURA コットン畑プロジェクト」とは、今治タオルメーカーの「ハートウエル」さんが始めた活動のこと。

“タオルメーカーとして、タオルの原点であるコットンに立ちかえろう”と、工場の裏手で約500坪のコットン畑をはじめたのが約4年前。

今では立派な(といっても規模は小さいですが)コットン畑になりました。

昨年は長雨により、コットンボールが満足にふくらまず、ちょっと残念な結果となり、自然を相手にする農業の難しさを実感した一行。。。

「今年こそは!」と鼻息も荒めです。笑

マルチ(シート)をしいた畝に穴を空け、ポットで育てた苗を一つひとつ植えていきます。

「今年こそ、大きく育ちますように!」の想いを込めて丁寧に。

今年は、昨年の1.5倍の苗数を用意したそうです。

今回、出陣した伊織スタッフは4名。

ハートウエルのスタッフさんと農家さんを入れても10名ほど。

そして、苗数は昨年の1.5倍。

「これは長丁場になりそうだ・・・」

・・・・と思っていましたが、さすが4年目。

みんな手が慣れているのか、さくさく作業は進み・・・。

何と、予定を3時間巻きで植え付け完了!笑

無農薬・有機栽培なので、除草剤などの農薬や化学肥料は一切与えません。

たっぷりのお水をあげて、本日の作業は終了!

あとは大きくなるまで水やりと草取りを毎日行います。

自分たちで植えた苗たちなので、愛情もひとしお。

「元気に大きく育ちますように」と想いを残し、今治を後にしたのでした。



つづく。


タオルとくらす研究室

「タオルからはじまる、豊かなくらし。」をコンセプトに、全国23店舗を展開しているタオル専門店「伊織」は、日々のくらしに寄り添うタオルについて、より学び、考え、新たな可能性を発信することを目的とした「タオルとくらす研究室」を開設しました。 「タオルのはなしは 暮らしのはなし」をテーマに、世界の繊維や織物をヒントにしながら、暮らしにまつわる新たな提案を生み出す活動をしています。